FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JREの同梱・再配布について

 Java上で動くアプリケーションを作ったりしているとJREをアプリに同梱して配布(再配布)したく場合がある。
 JREは再配布可能かというと、下記のリンク先の内容から、問題なさそうである

JavaのREADME
Java SE Runtime Environmentについてのノート
 
で、実際にどこにあるファイルを配布すればいいのかがよくわからない。
 Sunからのダウンロードではインストーラしか見つからなかった。
 しょうがないので、一度JREをインストールして、インストール先にできたJREのファイル郡を再配布することとした。
 ちなみに、あたりまえだがx64版JREはx64マシンにしかインストールできない。作業用マシンは32ビットだけど開発アプリが64ビットの場合には、面倒だが一度64ビットマシンにJREをインストールする必要がある。


 なお、JREはJDKをインストールする際のオプションの「公開JRE」というのもあるが、JRE単独とJDKでインストールされるJREのファイル郡は同じだった。
 まぁ、JDKで公開JREもインストールしたら、コンパネのアプリケーションの追加と削除にJREが出るので、当然といえば当然だが。

 
まとめ
・JREは再配布可能
・JREはJRE単独のものも、JDKの公開JREも同じもの


参考
 公開JREと非公開JREについては、下記のページが参考になる

32 ビット版 Microsoft Windows のインストール
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

takuan93

Author:takuan93
本ブログの説明書→「ReadMe」

管理者に連絡

カテゴリ
WiX (5)
Ant (1)
フリーエリア
最新記事
カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。