FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[JavaFX] TableViewの使い方 基礎の基礎

TableViewでのデータ表示。
  Cells(2, 1) = "田中"
というような感じで簡単にデータ入れられるのかと思ったらそんなこと無かった。


手順としては
1. レコード用のクラスを作る。
2. TableColumn(列)を作る
3. TableColumn(列)とレコード用クラスを関連付ける
4. TableView(表)にTableColumn(列)をセットする
5. TableView(表)にデータをセットする。
って感じ。
意外と面倒。


■画面イメージ
JavaFX_TableView

■ソース(抜粋)

//fxmlファイルのTableViewと関連付けておく
@FXML
private TableView<RData1> table = new TableView<RData1>();

//★1. レコード用のクラスを作る。
public class RData1{

//これがセルに表示するデータ。StringではなくStringPropertyであることに注意
private StringProperty data;

//getterも用意する必要がある。get~ではなく、~Property。
public StringProperty dataProperty(){
return data;
}

public RData1(String data){
this.data = new SimpleStringProperty(data);
}
}

@FXML
void initialize() {

//★2. TableColumn(列)を作る
TableColumn<RData1, String> col =
new TableColumn<RData1, String>("列名");

//★3. TableColumn(列)とレコード用クラスを関連付ける
col.setCellValueFactory(
new PropertyValueFactory<RData1,String>("data"));

//★4. TableView(表)にTableColumn(列)をセットする
table.getColumns().add(col);

//★5. TableView(表)にデータをセットする。
table.getItems().add(new RData1("1行目"));
table.getItems().add(new RData1("2行目"));
table.getItems().add(new RData1("3行目"));

}


■Fxmlファイル(抜粋)

<AnchorPane minHeight="0.0" minWidth="0.0" prefHeight="332.0" prefWidth="505.0">
<children>
<TableView id="tablea" fx:id="table" disable="false" prefHeight="249.0" prefWidth="449.0" visible="true" AnchorPane.bottomAnchor="-2.0" AnchorPane.leftAnchor="0.0" AnchorPane.rightAnchor="0.0" AnchorPane.topAnchor="-6.0" />
</children>
<padding>
<Insets />
</padding>
</AnchorPane>


■参考
http://www.02.246.ne.jp/~torutk/javafx2/table/tableview-memo.html
http://kazyury.hatenadiary.jp/entry/2013/04/08/225253

以上。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

takuan93

Author:takuan93
本ブログの説明書→「ReadMe」

管理者に連絡

カテゴリ
WiX (5)
Ant (1)
フリーエリア
最新記事
カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。